物理選択?生物選択?

現在、医学部を受験するには一部の例外を除き、理科が二科目必要だ。そして、これまた一部の例外を除き、だいたい皆、物理化学選択か化学生物選択をする。ちなみに、僕は物理生物選択で受験した例外である。化学も一応学習済みだが、物理ほど本質を演繹する楽しさを感じず、生物ほど意味を考える深さを感じず、とにかく化学という科目が嫌いだった。いまは昔ほど嫌いではない(好きだとも言ってない)。で、そうなってくると、化学はほぼ必須で取るとして(取らなくても良いのよ?)残りの選択を物理にするか生物にするか、これが問題になってくる。どちらを選択するかは、何を重視するかによる。それぞれのメリットデメリットを解説しておこう。

まず、物理選択について。物理の最大のメリットは、試験問題の客観性の高さで、早い話が学ぶべきことをしっかり学んでいれば満点を取ることができるということである。デメリットは、点数が取れるようになるまで時間がかかることと、ある程度の抽象思考の力、論理的演繹の力などが必要なことで、苦手な人はなかなかできるようにならないということである。受験的には、数学が得意であれば物理選択をおすすめする。

次に、生物選択について。生物のメリットは、具体的でイメージしやすい対象を扱うことと暗記分野についてはやればやっただけ即点数になっていくことである。ただ、デメリットもあり、暗記すべき知識の幅がかなり広く、実験考察問題なども確実に解けるパターンとして対応することが困難だったりする。つまり、すぐに点数が取れるようになるが、どれだけ勉強しても満点を取ることは難しいということになる。ただ、物理アレルギーのようなタイプの人は、物理に膨大な勉強時間をあてるよりは、生物を選択して最低限の点数を確保することをおすすめする。

以上が、受験的な視点から見たおすすめである。

でも、もし、受験を度外視して、医学部進学の際、物理と生物どちらを選択すべきかと問われたら、僕は絶対に物理をすすめる。

よく、医学部に入ってから生物の知識が要るので高校でやってないと困ると言うが、そんなもの、大学に入ってからしっかり勉強すれば良い。それよりも、医学部ではあまり深く勉強することのない物理をしっかり学んでおくことで思考の幅を広げておくことが、絶対にプラスになる。物体の運動について考察するということは一般教養レベルで絶対にできた方が良いし、物理で学ぶことというのはものごとの「ことわり」を学ぶ要素が強く、考えるクセが身につきやすい。生物で遺伝子工学、生化学、生理学のようなことを学ぶと言っても、どのみち大学でもっとしっかり学んで全て上書きされることになる。

まあ、そもそも物理も化学も生物もそんな分野による枠を取っ払って勉強するのが一番だとは思うが、よほどの余裕がある人以外、受験を度外視した勉強などする暇がないだろう。現状、勉強ができる生徒は物理を選択し、勉強が苦手な生徒は生物を選択するというのが一般的である。それは、入試システム上仕方ないことだし、最も合格可能性が上がる方法を選択すべきである。でも、物理の面白さ、生物の面白さ、そこに思い至らず、ひたすら点数を取ることだけに集中するというのは、やっぱり悲しいものである。

あ、ちなみに化学は面白くないから点数だけ取れば良いよ(偏見)