Think difficult ! part1「学力とは何か」

大学の入学試験では、受験者の学力が測られている。いったい、そもそも学力とは何なのだろうか。

こんなことは、指導に当たっている側の人間からしたら明らかなことなのだが、受験生の側からするとあまり意識していないであろうということが容易に推測できるので、今回は、学力の正体を意識してもらうため、例によって小難しい話を展開してみよう。

なお、学力を伸ばすための要因となる、素直さ、真面目さ、などの性格的な問題はいまは扱わない。純粋に学力それ自体の正体を明らかにする。

現状の入学試験において学力として測定されるのは、主に、記憶力と思考力である。そして、そのどちらにも共通して必要なものがある。「抽象化」という過程だ。

ものを数多く記憶するには、記号による抽象化が欠かせない。「数多く」と言っている時点で、既に概念による抽象化が行われている。そして、記憶だけではなく、思考にも記号を用いた論理体系や枠組みが必要不可欠だ。

そもそも言葉自体が抽象化の産物である。抽象化の能力こそが、人間を人間たらしめている最大の特徴であると言っても良い。その能力が学力と呼ばれるよくわからない力の根本である。

抽象化というのは、余計な要素をそぎ落として物事の「本質」だけを抽出することを指す。ついでに言うとそれに「名前」をつけることも重要なポイントになる。抽象化された「本質」をその「名前」という「概念」に着せ替える。そして、「本質」を着せられた「概念」という人形を用いて思考の風景を構築する。この一連の流れを実行する能力が学力の正体だ。

もうこの時点で、どこまで読めているか、読者の理解度に差が出ているはずだ。それが真実なのだ。真実はいつも微笑みかけてくれるというのは幻想で、真実は厳しい。厳しいというより残酷だ。むしろ、現実の方が優しい。

いまから、もう少しわかりやすく書くことにする。では、わかりやすく書くとはどういうことなのだろうか。端的に言えば、より具体的に書くということだ。そう、抽象的な概念を用いた表現を自分の頭の中で再び展開して意味を理解することが難しい人のために、より身近に感じられる表現に変えるということだ。そして、これは何を意味しているか。いわゆる「頭の良い人」が見ている風景の簡易版を観ることで「頭が良くなった」という錯覚を得ることを意味している。繰り返す。これは「錯覚」だ。それだけは肝に銘じておいて欲しい。

では、わかりやすいバージョンを書いてみよう。

例によって数学の勉強に置き換えて話をする。例えば、青チャートの問題を丸暗記したとする。その問題をテストされたとすれば、丸暗記した解答を書けば満点をもらえるだろう。数学の勉強法として、「解法暗記を繰り返せば、パターン問題は解けるようになる」というものがある。

はっきり言う。これは各個人が持つ「抽象化」の能力に大きく依存する。だから、青チャートの解法暗記というのは、万人に勧められる勉強法ではない。少なくとも、万人が最初の段階で取るべき勉強法ではない。

「抽象化」という言葉の意味がわかりにくいだろうから、少し言い換えよう。例えば、いわゆる頭の良い生徒は青チャートの問題をどうやって解くか。そこにヒントがある。

頭の良い生徒は、たとえ繰り返し同じ問題を反復していたとしても、絶対に記憶から解かない。問題文を読むことから出発する。問題文を読み、条件を確認し、何が問われているのかを頭に入れる。これをしっかりした上で、自分が知っている解法で使えそうなものがあれば適用できるか検討し、あるいは丸っきり答えを覚えてしまっている場合は、どういう理由でどういう情報整理をすれば答えにたどり着くかを意識的に書き出す。

いわゆる勉強ができない生徒は、問題文を読んでいる途中の段階で、類題やその解法が頭をよぎると、その瞬間、その類題の方に支配されてしまって、記憶の中の類題ありきで現実に目の前にある問題を解きにいく。これが、その手の生徒がいつまでも勉強ができない所以である。問題のポイント、本質だけをピックアップして整理するということをせず、解答のストーリーを最初から最後まで丸ごと完全に一つのものとして認識してしまっていて、解法をポイントの集合体として見れていない。

頭の良い生徒は、解法のポイント、本質をピックアップして、いくつ注意すべきポイントがあるかチェックして要素に分解し、それぞれのポイントで気を付けるべきことを意識的に頭に入れる。そして、解法の流れ、このポイントからこのポイントへつながったのはなぜなのかということを意識して、つらつら書かれた長い解答を丸ごとではなく「ポイント1→ポイント2→ポイント3→答」のように流れだけをシンプルに記憶する。この、ポイントを抽出することが自力でできない生徒がいわゆる勉強ができない生徒の正体だ。

では、本日の一言。抽象化の能力を身に付ける唯一の方法を教える。

「理由を言語化すること」

これができれば、間違いなく頭は良くなる。勉強もできるようになる。そして、「厳密な意味で」そうなるための唯一の方法だ。

本当のことを隠さずに言うと、頭の良い生徒は言語化を意識するまでもなく軽やかに概念の向こう側に行ってしまうので、残念ながら真に頭の良い生徒と同じ風景を見ることはできない。それでも、これをやれば、少なくとも「受験」の範囲内では頭の良い生徒に追いつくことができる。だから、やるしかない。

数学の模範解答を読むときには全ての改行の理由を説明できるか確認する。ただの計算であれば、ただの計算の行として、それも言語化して意識する。それを徹底し、不安なところは先生に質問する。

それを繰り返せば、理論上は抽象化の能力を高めることができるだろう。

ただし、あくまでも、理論上の話である。

受験には、時間制限がある。何十年も浪人するわけにはいかない。だから、能力開発とそもそも受験に費やす時間、それぞれの限界を見極めて、時間の使い方を考える必要がある。

場合によっては、解法丸暗記で無理矢理頻出パターンを叩き込んで受験するということも、一つの戦略にはなり得る。ただ、それは受験が終われば無に帰す。つまり、後で苦労する。

学力の真実と現実。できることなら、生徒には真実に到達してほしいと願うが、現実的には無理矢理でごまかさざるを得ないことも多い。

せめて知っておいて欲しい。抽象化の能力を開発することが、学力の最も応用性のある高め方であるということを。でき得る限り、そこに注力してほしい。そして、それが難しいという自分の限界を知ったとき、絶望してはいけない。いわゆる受験テクニック、(志望校の)頻出問題の丸暗記に逃げることで、少しでも合格の可能性を高め、諦めずチャレンジすること。そこにも、可能性はある。もしも、それで合格することができたなら、能力開発を後回しにすることができるということだ。大学に入ってからじっくり経験を積み、考える力を身に付ければ良い。